世界中の美術館の3Dバーチャルツアーをお楽しみください– Mus3ums

博物館を検索

世界はこれまで以上に創造性と芸術を必要としています。 mUs3Umsバーチャルツアーを使用すると、訪問者はデスクトップまたはモバイルデバイスで自己ガイドによる3Dバーチャルミュージアムツアーに参加できます。 FR、DE、IT、ES、PT、JA、CN、RUの翻訳は、自動翻訳を使用して行われます。 アートワークは、フェアユースの著作権の下に表示されます。 アートは不確かな時代を通して私たちを鼓舞し、mUs3Umsで排他的な3Dデジタル体験を楽しむことができます

Cities

Artists

Paintings

Museums

 

トップミュージアム

Smithsonian American Art Museum

ワシントンD.C.

アメリカ合衆国

The Smithsonian American Art Museum is a museum in Washington, D.C., part of the Smithsonian Institution. Together with its branch museum, the Renwick Gallery, SAAM holds one of the world's largest and most inclusive collections of art, from the colonial period to the present, made in the United States. The museum has more than 7,000 artists represented in the collection. Most exhibitions take place in the museum's main building, the old Patent Office Building , while craft-focused exhibitions are shown in the Renwick Gallery. The museum provides electronic resources to schools and the public through its national education program. It maintains seven online research databases with more than 500,000 records, including the Inventories of American Painting and Sculpture that document more than 400,000 artworks in public and private collections worldwide. Since 1951, the museum has maintained a traveling exhibition program; as of 2013, more than 2.5 million visitors have seen the exhibitions.

ルーヴル美術館

イル=ド=フランス地域圏

フランス

ルーヴル美術館(ルーヴルびじゅつかん、仏: Musée du Louvre)は、パリにあるフランスの国立美術館。世界最大級の美術館(博物館)であるとともに世界最大級の史跡のひとつで、パリ中心部1区のセーヌ川の右岸に位置する。収蔵品38万点以上。先史時代から19世紀までのさまざまな美術品3万5,000点近くが、総面積6万600平方メートルの展示場所で公開されている。世界でもっとも入場者数の多い美術館で、毎年800万人を超える入場者が訪れ、2018年は初めて1,000万人を超えた。フランスの世界遺産であるパリのセーヌ河岸にも包括登録されている。 そのコレクションの一部は、日本を含め海外へ貸し出されることも多い。

National Portrait Gallery (United States)

ワシントンD.C.

アメリカ合衆国

The National Portrait Gallery is a historic art museum between 7th, 9th, F, and G Streets NW in Washington, D.C., in the United States. Founded in 1962 and opened to the public in 1968, it is part of the Smithsonian Institution. Its collections focus on images of famous Americans. The museum is housed in the historic Old Patent Office Building, as is the Smithsonian American Art Museum.

スコットランド国立美術館

エディンバラ

イギリス

スコットランド国立美術館(スコットランドこくりつびじゅつかん、英: National Gallery of Scotland)はスコットランドのエディンバラにある国立美術館。精緻な新古典主義様式の建物で、エディンバラ中央部のマウンド(en:The Mound)と呼ばれる人工的な丘陵地帯に建てられている。建物はスコットランド人建築家ウィリアム・ヘンリー・プレイフェア(en:William Henry Playfair)の設計によるもので、1859年に開館した。 1912年には隣接する王立スコットランド・アカデミー(en:Royal Scottish Academy)とともにウィリアム・トマス・オルドリーヴによって改築されている。改築終了後の再開館時には、スコットランドとヨーロッパ諸国美術の常設展示に力が入れられていた。 美術館の研究施設には、初期ルネサンスから19世紀後半までの版画とドローイングに関する紙資料が30,000枚以上収蔵されており、参考文献のみが集められた学術図書館も大衆に公開されている。学術図書館は1300年から1900年までの時代をカバーしており、約50,000点の文献、日誌、スライド、マイクロフィルムなどが収められ、スコットランド国立美術館のコレクション、展示会、歴史などに関する文書も収容されている。 「プレイフェア・プロジェクト」と名づけられた、スコットランド国立美術館と王立スコットランド・アカデミーを地下でつなぐウェストンリンク(The Weston Link)の設置が2004年に完成し、講義室、研究施設、ショップ、レストラン、タッチスクリーン仕様の仮想コレクションギャラリーなどが併設された。この二つの建物の間には近代的な広場が設置されており、エディンバラ城やプリンセス・ストリート(en:Princes Street)を一望することができる。 スコットランド国立美術館のコレクションの中核は王立スコットランド・アカデミーから移管された絵画で、ヤコポ・バッサーノ、アンソニー・ヴァン・ダイク、ジョヴァンニ・バッティスタ・ティエポロらの傑作が収蔵されている。1903年以来、スコットランド国立美術館には独自の絵画購入補助金は一切交付されていない。

エルミタージュ美術館

サンクトペテルブルク

ロシア

エルミタージュ美術館(エルミタージュびじゅつかん、露: Эрмитаж エルミターシ、英: Hermitage Museum)は、サンクトペテルブルクにあるロシアの国立美術館。 1990年に世界遺産(サンクトペテルブルク歴史地区と関連建造物群)に包括登録されている。

オルセー美術館

イル=ド=フランス地域圏

フランス

オルセー美術館(オルセーびじゅつかん、仏: Musée d'Orsay)は、フランスのパリにある19世紀美術専門の美術館である。印象派の画家の作品が数多く収蔵されていることで有名。

ハーシュホーン博物館と彫刻の庭

ワシントンD.C.

アメリカ合衆国

ハーシュホーン博物館と彫刻の庭(はーしゅほーんはくぶつかんとちょうこくのにわ、英語名The Hirshhorn Museum and Sculpture Garden)は、アメリカ合衆国首都ワシントンD.C.の中心部にある、ナショナル・モールに建てられた美術館とその彫刻庭園の名称である。スミソニアン博物館群の一つであることから、事実上は呼称が博物館となるが、美術品の展示が多いこともあり、時にハーシュホーン美術館とも呼ばれることもある。隣接して、数々の彫刻作品が設置された「彫刻の庭(Sculpture Garden)」と呼ばれる庭園を有し、スミソニアン公式サイトの日本語訳では、名称が「ハーシュホーン博物館と彫刻の庭」とされている。([1]参照)

ナショナル・ギャラリー (ロンドン)

ウェストミンスター

イギリス

ナショナル・ギャラリー(英: National Gallery)は、イギリスのロンドン、トラファルガー広場に位置する美術館。日本語では国立美術館とも訳される。1824年に設立され、13世紀半ばから1900年までの作品2,300点以上を所蔵している。登録適用除外チャリティ の一つで、文化・メディア・スポーツ省 の非省公共団体 である。そのコレクションは大衆に広く公開されており、特別な企画展示をのぞいて入館は無料となっている。ただし、維持管理費用の一部を寄付でまかなうため、寄付を募る箱が入り口ほか数カ所に設けられている。 ナショナル・ギャラリーは、コレクションの基礎が王室や貴族のコレクションの由来ではないという点で、ヨーロッパでもあまり例のない美術館となっている。コレクションの基礎となったのは、保険ブローカーで美術後援家だったジョン・ジュリアス・アンガースタイン が収集していた38点の絵画である。初期のコレクションは個人からの寄付によって、チャールズ・ロック・イーストレイク をはじめ、その当時の館長たちが購入したものが3分の2を占めている。その結果、他のヨーロッパ諸国の国立美術館と比べてコレクション数は多くはないが、西洋絵画が大きな革新を見せた「ジョットからセザンヌまで」美術史上重要な絵画が収蔵されている。常設展示されているコレクションが少ないとされたときもあったが、現在ではそのようなことはなくなっている。 現在の建物は3代目のもので、1832年から1838年にかけて建築家ウィリアム・ウィルキンス ) がデザインした。その後ナショナル・ギャラリーは少しずつ拡張されていったため、現在ではトラファルガー広場に面するファサードだけが唯一当時の面影を残している。ウィルキンスのデザインにしたがって建設された当時の建物は、美的センスに欠けている、手狭であると酷評されたこともあった。事実建物が手狭で収蔵に限界があったため、1897年にイギリス美術専用の分館ナショナル・ギャラリー・オブ・ブリティッシュ・アート(現在のテート・ブリテン)が開設されている。1991年に西側に増築されたロバート・ヴェンチューリとデニス・スコット・ブラウン の設計によるセインズベリー棟はイギリスを代表するポストモダン建築となっている。

トップ都市

トップの国